地上走行とVTOLの特性を持つハイブリッド機

ミリタリー模型・フィギュア
地上を走行する車輌と、ヘリコプターのような垂直離着陸 (VTOL : Vertical Take-Off and Landing) の両方を可能とする、"Drive & Fly" ハイブリッド型のラジコンが、ソーシャル資金調達サイト "Kickstarter" でキャンペーン中。英国の製品デザイナー Witold Mielniczek 氏が手掛けるこの試作機 "B" は、ポリカーボネート (Polycarbonate) 製のボディーを持ち、一見すると普通の四輪型の車輌。4 つの車輪にはそれぞれ 7 inch のプロペラが備わり、クアッドコプター (Quadcopter) のような垂直離着陸による飛行を可能としている。1 回の充電で 15 分の駆動が可能で、HD (1280 x 720 px) カメラの搭載を可能とすることで、空・地に渡る撮影が可能。スマホ・アプリでの操作も検討中とのこと。

Kickstarter 2013/05/24

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
    香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
     香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop