NEWS

ビン・ラディンは SEALs による生け捕りを避ける為に自爆?

海外軍事
「Osama Bin Laden 容疑者は米海軍特殊部隊 SEALs 隊員による射殺ではなく、生け捕りを避ける為に自爆用ベルトで自殺した」。そう語るのは、故 Osama Bin Laden 容疑者のパーソナル・ボディーガードを務め、Al-Qaeda 幹部 Ayman Al Zawahiri 容疑者のかつて「右腕」だったとされる Nabeel Naeem Abdul Fattah 氏。Gulf News が報じたところによると、Fattah 氏は、Osama Bin Laden 容疑者の水葬により「勝利宣言」の幕引きをおこなった Barack Obama 米大統領を非難。Osama Bin Laden 容疑者の急襲作戦 "Operation Geronimo" において、米軍の最精鋭部隊 ST6 (Seals Team 6, a.k.a. DevGru) メンバーが同容疑者の大腿部を射抜いた直後に、日頃から装着していた自爆用ベルトを自ら起動し死亡したとのこと。Osama Bin Laden 容疑者は、殺害されるまでの直近 10 年において、生け捕りされることを避けるために、日常的に「爆発ベルト」を着用していたとも語っている。

Gulf News 2013/05/27
UPI.com 2013/05/28

過去の「オサマ・ビン・ラディン急襲作戦」関連記事:
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」ミリブロ的レビュー


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop