NEWS

ビン・ラディンは SEALs による生け捕りを避ける為に自爆?

海外軍事
「Osama Bin Laden 容疑者は米海軍特殊部隊 SEALs 隊員による射殺ではなく、生け捕りを避ける為に自爆用ベルトで自殺した」。そう語るのは、故 Osama Bin Laden 容疑者のパーソナル・ボディーガードを務め、Al-Qaeda 幹部 Ayman Al Zawahiri 容疑者のかつて「右腕」だったとされる Nabeel Naeem Abdul Fattah 氏。Gulf News が報じたところによると、Fattah 氏は、Osama Bin Laden 容疑者の水葬により「勝利宣言」の幕引きをおこなった Barack Obama 米大統領を非難。Osama Bin Laden 容疑者の急襲作戦 "Operation Geronimo" において、米軍の最精鋭部隊 ST6 (Seals Team 6, a.k.a. DevGru) メンバーが同容疑者の大腿部を射抜いた直後に、日頃から装着していた自爆用ベルトを自ら起動し死亡したとのこと。Osama Bin Laden 容疑者は、殺害されるまでの直近 10 年において、生け捕りされることを避けるために、日常的に「爆発ベルト」を着用していたとも語っている。

Gulf News 2013/05/27
UPI.com 2013/05/28

過去の「オサマ・ビン・ラディン急襲作戦」関連記事:
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」ミリブロ的レビュー

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop