NEWS

ヒトの思考で制御するドローンの研究

海外軍事
ヒトの思考・脳波によりドローンを操作する―。サイエンス・フィクションの定番として描かれていた技術の、実現化に向けた研究が Journal of Neural Engineering に掲載された。米 Minnesota 大学の医用生体工学 (BME : BioMedical Engineering) 研究室、Bin He 教授らを中心に、BCI (Brain-Computer-Interface : 脳コンピューター・インターフェース) 技術を使った研究が進められている。実験では、頭皮に 64 個の電極を持つ非侵襲性 (non-invasive) の EEG (electroencephalogram : 脳電図) キャップを装着した被験者が AR (Augmented Reality : 拡張現実) ドローン、クアッドコプター (Quadcopter) を操作。直線を平均速度 0.69 m/s で飛行させた場合、被験者の 90.5% が目標点へ到達できた由。

University of Minnesota 2013/06/04
Journal of Neural Engineering 2013/06/04
Ref : Washington Post 2011/10/31

過去の「マインド制御、テレパシー」関連記事:
中国大学研究者が「思考制御」で操縦する無人機システムを開発中
米国防総省、テレパシー部隊を5年以内での創設を構想か


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop