NEWS

米陸軍の鳥型スパイ・ドローン「Robo-Raven」

海外軍事
米国メリーランド大学 Robotics Center の公式 YouTube チャンネルで、米陸軍向けで学際的に開発が進められている鳥型スパイ・ドローン "Robo-Raven" (ロボ・カラス) の飛行を示した映像が公開された。Robo-Raven はその飛行中に、猛禽類からの攻撃を受ける (映像中の 1:49) など、実在する鳥類と同様の完成された羽ばたきを実現。鳥類に倣った飛行を示すことで、敵警戒網での注意を緩和させる狙い。前回の処女飛行から、Dupont (デュポン) 社製ポリエステルフィルム "Mylar" (マイラー) とカーボン・ファイバーの工夫によって、飛行性能を向上。研究開始から 10 年近い歳月でトライ&エラーを繰り返し、試作機 50 ~ 100 機を費やした由。環境調査や災害での被害状況の確認、鳥類の行動様式の研究、各種の監視活動などにも期待されている。

Washington Times 2013/06/06
Baltimore Sun 2013/06/07

過去の「小型 無人機 UAV」関連記事:
英軍のナノ・ドローン「Black Hornet」
超小型無人機はハチが蜜を求めるように、嗅覚で目的地に飛来する
IAI、バタフライ型の超小型・軽量UAVを開発中


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop