NEWS

米陸軍の鳥型スパイ・ドローン「Robo-Raven」

海外軍事
米国メリーランド大学 Robotics Center の公式 YouTube チャンネルで、米陸軍向けで学際的に開発が進められている鳥型スパイ・ドローン "Robo-Raven" (ロボ・カラス) の飛行を示した映像が公開された。Robo-Raven はその飛行中に、猛禽類からの攻撃を受ける (映像中の 1:49) など、実在する鳥類と同様の完成された羽ばたきを実現。鳥類に倣った飛行を示すことで、敵警戒網での注意を緩和させる狙い。前回の処女飛行から、Dupont (デュポン) 社製ポリエステルフィルム "Mylar" (マイラー) とカーボン・ファイバーの工夫によって、飛行性能を向上。研究開始から 10 年近い歳月でトライ&エラーを繰り返し、試作機 50 ~ 100 機を費やした由。環境調査や災害での被害状況の確認、鳥類の行動様式の研究、各種の監視活動などにも期待されている。

Washington Times 2013/06/06
Baltimore Sun 2013/06/07

過去の「小型 無人機 UAV」関連記事:
英軍のナノ・ドローン「Black Hornet」
超小型無人機はハチが蜜を求めるように、嗅覚で目的地に飛来する
IAI、バタフライ型の超小型・軽量UAVを開発中


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop