スイスの大学研究機関、翼で地上を歩行する無人機の開発

ミリタリー模型・フィギュア
スイス連邦工科大学 ローザンヌ校 (EPFL : École Polytechnique Fédérale de Lausanne) 知能システム研究室で、地上で翼のみを使った移動を可能とする、一風変わった飛行プラットフォームを開発、その初期プロトモデルの映像が公開された。この機体では、翼部分を "whegs" (wheel-legs に由来する造語) として使うことで、最小限の追加構造によって起伏ある地面での移動をおこなうことができる。地上での移動速度は 0.2 m/sec とのこと。

Ludovic Daler 2013/07/25

過去の「空・地両用 無人機」関連記事:
地上走行とVTOLの特性を持つハイブリッド機

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop