いまだ「生還者ゼロ」の超難易度「バイオハザード・ザ・リアル」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
いまだ“生還者ゼロ”の超難易度で話題!
『バイオハザード・ザ・リアル』
~新シューティング型サバイバルホラー・アトラクション期間限定開催中~

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが2013年7月19日(金)に期間限定アトラクションとしてオープンした『バイオハザード・ザ・リアル』は、連日大盛況で2013年7月31日終了時点で5万人超の方にお楽しみいただいておりますが、いまだ“生還者”が誕生しておらず、限りなく生存者ゼロの超高難易度も注目を集めています。

『バイオハザード・ザ・リアル』は、ゲームをはじめ映画など世界的な人気を誇る「バイオハザード」シリーズ(制作・販売:株式会社カプコン)の世界観を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが総力を結集し、カプコン監修のもと、細部にまでこだわり抜いて再現。本格的なモデルガンを手に、ゲストが敵を撃ち進みながら原作同様のサバイバルホラーを体験する、スリルあふれる新感覚のシューティング型サバイバルホラー・アトラクションです。

『バイオハザード・ザ・リアル』 アトラクション概要
開催期間 / 2013年7月19日(金)~2013年11月10日(日)※9月9日~9月12日は休止。9月13日以降は金~月、祝、10/31のみ開催
場所 / ニューヨーク・エリア内 パレスシアター
利用制限 / R12(未就学児・小学生利用不可)
体験時間 / 約5分~約10分(※プレイヤーにより異なる) 
アトラクション構成 / ステージ1、ステージ2(最終ステージ)の全2ステージ構成のウォークスルー形式アトラクションゲストは店員から銃と感染度がわかるインジケーターを受け取り、恐ろしいゾンビやクリーチャーに挑戦する。
【ステージ1】:R.P.D.ルートとHospitalルートの全2ルートに振り分けられる。ルートの選択は不可。
【ステージ2】:ステージ1を無事クリアしたゲストは、ステージ2のアンブレラ社研究所で最後の闘いに挑む。
ストーリー / 荒廃したラクーンシティで、重さ約700gもの重厚感ある銃と、ウィルスの感染度合いを表すインジケーターを受け取り、ゲストは生死をかけた脱出を開始。路地裏を抜けて辿り着いた先には無数のゾンビやクリーチャーが・・・。ゾンビやクリーチャーと闘う中、感染度数はみるみる上昇し、残弾数は急速に減少。恐怖に足がすくむ中、次々と襲い掛かるゾンビを銃撃しながら前に進む。ウィルスに感染せずに生き残れる確率は“ほぼ0%”。
エクスプレス・パス / この夏グランドオープンした世界最高映像技術「4KHD×3D」を搭載した「NEW アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」を含むエクスプレス・パスに、「バイオハザード・ザ・リアル」を加えたエクスプレス・パス「ブックレット8」(5,600円)と「ブックレット5」(3,900円)を販売します。
【販売場所】:オフィシャルWEBサイト、パーク内ショップ「バックロット・アクセサリー」

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
    「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布
    エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?
    ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)
     「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 (2017-08-08 13:38)
     エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用? (2017-08-08 12:26)
     ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始 (2017-08-04 16:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop