NEWS

GMV 1.1 米特殊作戦部隊向け車輛、GD-OTS が受注

海外軍事
GD-OTS (General Dynamics Ordnance and Tactical Systems, St. Petersburg, FL) は、USSOCOM (US Special Operations Command : 米特殊作戦部隊) 向けの GMV 1.1 (Ground Mobility Vehicle 1.1) とマニュアル、スペアパーツ、訓練業務を 5 億 6,200 万ドル超 で受注 (H92222-13-D-0013) した。これは AM General 社の GMV、Navistar International の SOTV (Special Operations Tactical Vehicle) を含めた 3 候補によるコンペの末に勝ち取ったもので、GD-OTS は、Marvin Group 傘下の Flyer Defense LLC と組んで Flyer ALSV (Advanced Light Strike Vehicle) を開発。計画について米国防総省は、Chinook ヘリコプターでの空輸を必須とし、最大 1,300 輛を要求。現在までに USSOCOM では AM General 製の Humvee 派生モデルを使用しているが、年間 200 輌のリプレイスを要求している。本計画は、米陸軍と海兵隊向けで進められている 50,000 輌以上の車輛調達、JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) 計画の前駆体的に考えられている由。

US Department of Defense 2013/08/22
IHS Jane's Defence Weekly 2013/08/22
National Defense 2013/08/23
GD-OTS FLYER Brochure
Marvin Group

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か
    米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ
    メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手
    ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定
    アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か (2018-05-23 16:07)
     米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ (2018-05-23 13:36)
     メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手 (2018-05-23 12:48)
     ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定 (2018-05-22 18:36)
     アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発 (2018-05-22 11:20)
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop