巨大防災検証センターでおこなわれた MilSim 映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
Georgia 州 Perry にある "Guardian Centers" で 8/31 におこなわれた MilSim イベント、Operation: Sovereign Fury の映像が、参加チームの YouTube チャンネルで公開された。同センターは、全米屈指の防災検証準備センターで、施設全体の広さは 830 エーカー (約 336 万平方メートル=東京ドーム 72 個分相当)、24 時間・年中で使用可能。あらゆる規模の災害シミュレーションを想定した充実の施設となっており、最大で 7,000 名の参加者が同時にリアルな情景の中で訓練を受けることができる。

SOARmilsim 2013/09/07
About Guardian Centers
Guardian Centers bird-eye view / ITS Tactical


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop