中南米で初、凶悪犯罪増加のブラジルでトイガンの販売が禁止へ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ブラジルでは、高まる傾向にある銃関連での犯罪を抑制するため、「暴力による文化を変える事は子供時分よりやらねばならない」とのことで、中南米地域では初となるトイガン販売が禁止される見込み。2014 年度から首都 Brasília をはじめとする連邦直轄地区 (Federal District) での玩具を含めた模造銃の販売店舗に対して 5,000 - 100,000 real (約 2,200 - 45,000 USD) の罰金、30 日間の営業停止処分または販売許可証の剥奪が科せられる。地方当局では、4 ヶ月の猶予期間を設け、販売業者が抱えた在庫処分の流通を刺激する対策を打ち立てた由。
ブラジルでは、1996 年当時に人口 10 万人当たりの殺人事件発生件数が 24.8 ポイントに対し、2011 年度では 27.1 ポイントに上昇。昨年発生した 43,000 件の暴力が原因の死亡事件における 73 % が銃器関連によるもの。

The Guardian 2013/09/25
AFP 2013/09/25
Photo : Lunae Parracho/Reuters via Boston.com
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop