台湾エアソフトメーカー ICS、新設工場を公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
台湾エアソフトメーカー ICS (I Chin Shivan Enterprise Co., Ltd : 一芝軒企業有限公司) は、公式サイト上で新ファクトリー完成披露の模様を公開した。公開された写真からは、単一の建屋からなる大規模な工場施設となるこ模様。エアソフト、サバイバルゲームが日本発祥のホビーとして語られたのも久しく、最近では海外メーカーの優勢が一層顕著となっている。現在、エアソフト市場の世界的なホットスポットは欧米市場で、この数年台湾、香港の企業が集中的に販路拡大を図ってきた。中でも台湾エアソフトメーカーは、ユーザーの声を反映した製品の投入、ライセンスクリア製品、大陸製品 (中国製品) とは一線を画した高い品質の面からも売り上げを伸ばし、財政基盤を蓄えてきた。欧米市場での勢力拡大を図った台湾メーカー各社を中心に、取り残された最後の聖地、日本市場で更なる積極的なプロモーション展開が予想される。

ICS 2013/10/28


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop