NEWS

米陸軍、ノルウェー製のポケットサイズ超小型 UAV を発注

海外軍事
歩兵、特殊部隊兵士向けにポケットサイズの超小型 UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) を模索中の米陸軍は、ノルウェー企業 Prox Dynamics に、250 万ドル分の Black Hornet Personal Reconnaissance System (PRS) の発注をおこなった。ノルウェー防衛研究所 (FFI : Forsvarets forskningsinstitutt) と Prox Dynamics が ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance : 情報・監視・偵察) 用途で開発した PD-100 をベースに予定されている。PD-100 は、直径 5 inch に満たず、重量はわずか 16g。毎分 32 feet の速度で飛行し、見通し線上で 3,200 feet のデータリンクが可能。ビデオを通じて GPS または視覚ナビゲーションができる他、自動操縦モードなどの実装がおこなわれている。Black Hornet は、2013 年 2 月にアフガニスタンで英軍がタリバン討伐で使用した映像が流れたことが記憶に新しく、英国防省との調達では初度契約で 400 万ドル、追加で 3,100 万ドル規模になると見込まれている。

Norway Today 2013/10/28
Military & Aerospace Electronics 2013/10/28
Federal Business Opportunities 2013/10/03
Russia Today 2013/02/04


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop