NEWS

米陸軍、ノルウェー製のポケットサイズ超小型 UAV を発注

海外軍事
歩兵、特殊部隊兵士向けにポケットサイズの超小型 UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) を模索中の米陸軍は、ノルウェー企業 Prox Dynamics に、250 万ドル分の Black Hornet Personal Reconnaissance System (PRS) の発注をおこなった。ノルウェー防衛研究所 (FFI : Forsvarets forskningsinstitutt) と Prox Dynamics が ISR (Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance : 情報・監視・偵察) 用途で開発した PD-100 をベースに予定されている。PD-100 は、直径 5 inch に満たず、重量はわずか 16g。毎分 32 feet の速度で飛行し、見通し線上で 3,200 feet のデータリンクが可能。ビデオを通じて GPS または視覚ナビゲーションができる他、自動操縦モードなどの実装がおこなわれている。Black Hornet は、2013 年 2 月にアフガニスタンで英軍がタリバン討伐で使用した映像が流れたことが記憶に新しく、英国防省との調達では初度契約で 400 万ドル、追加で 3,100 万ドル規模になると見込まれている。

Norway Today 2013/10/28
Military & Aerospace Electronics 2013/10/28
Federal Business Opportunities 2013/10/03
Russia Today 2013/02/04

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」 (2017-12-14 14:25)
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop