NEWS

メキシコ凶悪麻薬犯罪組織ファミリーの生活が SNS で明らかに

海外軍事
メキシコで最も凶悪な犯罪組織の幹部の息子が身柄を拘束され、Twitter や FaceBook を通じてその贅沢な生活の様子が明らかになった。Serafin Zambada Ortiz 容疑者 (23 歳) は先週、メキシコから米国 Arizona 州へ入ったところ、メタンフェタミン (methamphetamine)、コカイン (cocaine) の密売容疑で逮捕。同容疑者は、麻薬犯罪が蔓延るメキシコでも「最凶」と謳われる犯罪組織・Sinaloa Cartel (シナロア・カルテル) のナンバー 2 の子息に当たる人物。同組織は Joaquin Guzman (ホアキン・グスマン、a.k.a. "El Chapo") 容疑者をトップに、Chicago 周辺の麻薬をはじめとした違法薬物供給の 80% を独占する一大組織。Serafin Zambada Ortiz 容疑者が SNS 上で示した写真には、中東の権力者や大富豪のように金・銀のプレートを使った AK-47 や、大量の札束、ペットとして飼育するトラやライオン、高級セダン Bentley 等々・・・贅の限りを尽くした品々が自慢げに披露されていた。メキシコでは麻薬および麻薬関連の犯罪と、その治安問題の解決が最重要課題に挙げられている。

Sydney Morning Herald 2013/11/27

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop