NEWS

米特殊作戦軍、アフガンで IED 探知用に「Bat UAV」を持ち込み

海外軍事
Northrop Grumman Corp. の George Vardoulakis 中距離戦術システム担当副社長が、同社製の Bat UAV について、米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) が IED (Improvised Explosive Device) 探知用としてアフガニスタンに持ち込んでいることを明らかにした。

UT San Diego 2013/11/30
Bat Unmanned Aircraft System (UAS) / Northrop Grumman
Image : Bat Land Based Data Sheet / Northrop Grumman
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ
    米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか
    H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
    FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開
    MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」
    米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ (2017-07-21 15:25)
     米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか (2017-07-21 13:15)
     H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 (2017-07-20 18:57)
     FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開 (2017-07-20 18:36)
     MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」 (2017-07-20 12:42)
     米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入 (2017-07-19 19:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop