NEWS

米国の大学生研究チームが開発、リアル「ロボコップ」

海外軍事
米国 Florida 国際大学 (FIU : Florida International University) の学生研究チームが、現実版「ロボコップ」の試作初号機を開発。TeleBot (telepresence and robotics) は、身長 183 cm、体重 34 kg で遠隔操作のできるロボットで、VR (バーチャルリアリティ) ヘッドセット "Oculus Rift" と運動センサーベストにより稼働。体の不自由な警察官や軍人を補助する目的でデザイン設計された。海軍関係者から受けた 20,000 ドルの寄付金が原資で、1 年半以上に渡って改良を重ねてきた。現在の試作機は骨組みだけとなっており、今後は外殻が備わる見込み。

FloridaInternational 2014/02/07
FIU News 2014/02/10

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop