NATO 加盟 15 周年記念、ポーランド特殊部隊の紹介映像が公開中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
1999 年 3 月のポーランドの NATO (North Atlantic Treaty Organization : 北大西洋条約機構) 加盟 15 周年を記念した、最新のポーランド特殊部隊を紹介する映像が Wojsko Polskie Twoja Armia の YouTube チャンネルで公開中。「ここ 6 年ほどの間に、我々の特殊部隊は見事な変貌を遂げている」とし、「彼らはポーランド軍が提供できる最高の紹介の場となっている」とのこと。映像では、カウンターテロ対策、とりわけ人質救出作戦の任務に当たる JW GROM の活動や、アフガニスタンで連合軍側が「捕縛」または「殺害」を指定する "JPEL" (Joint Prioritized Effects List) と呼ばれる「お尋ね者リスト」に含まれた危険度の高いテロリストらとの戦いに当たる 7th Special Task Squadron (7.eds) の紹介などがおこなわれている。その他、不審船舶への臨検をおこなっている FORMOZA の活動や、ポーランド特殊部隊ファミリーの中で最も新しく発足し、戦闘任務で重武装した敵に対処すべく期待が寄せられている AGAT や、兵站・医療支援の重責を負うことから戦略的なバインダーとして位置付けられている NIL といった部隊の紹介がおこなわれている。

Wojsko Polskie Twoja Armia 2014/03/07

過去の「ポーランド特殊部隊」関連記事:
映像スタジオ最新作、ポーランド特殊部隊を題材とした作品が公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
     近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター (2018-04-23 17:10)
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop