NATO 加盟 15 周年記念、ポーランド特殊部隊の紹介映像が公開中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
1999 年 3 月のポーランドの NATO (North Atlantic Treaty Organization : 北大西洋条約機構) 加盟 15 周年を記念した、最新のポーランド特殊部隊を紹介する映像が Wojsko Polskie Twoja Armia の YouTube チャンネルで公開中。「ここ 6 年ほどの間に、我々の特殊部隊は見事な変貌を遂げている」とし、「彼らはポーランド軍が提供できる最高の紹介の場となっている」とのこと。映像では、カウンターテロ対策、とりわけ人質救出作戦の任務に当たる JW GROM の活動や、アフガニスタンで連合軍側が「捕縛」または「殺害」を指定する "JPEL" (Joint Prioritized Effects List) と呼ばれる「お尋ね者リスト」に含まれた危険度の高いテロリストらとの戦いに当たる 7th Special Task Squadron (7.eds) の紹介などがおこなわれている。その他、不審船舶への臨検をおこなっている FORMOZA の活動や、ポーランド特殊部隊ファミリーの中で最も新しく発足し、戦闘任務で重武装した敵に対処すべく期待が寄せられている AGAT や、兵站・医療支援の重責を負うことから戦略的なバインダーとして位置付けられている NIL といった部隊の紹介がおこなわれている。

Wojsko Polskie Twoja Armia 2014/03/07

過去の「ポーランド特殊部隊」関連記事:
映像スタジオ最新作、ポーランド特殊部隊を題材とした作品が公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop