映画「トップガン2」はトム・クルーズ vs 無人戦闘機の構想

映画・テレビ Comments(0)
Huffington Post によると、映画プロデューサー Jerry Bruckheimer (ジェリー・ブラッカイマー) 氏が映画「トップガン」の続編について「Tom Cruise (トム・クルーズ) は、無人機との戦いに身を投じることになるだろう」と語った。映画「トップガン」は、故 Tony Scott (トニー・スコット) 監督による 1986 年の大ヒット作。トム・クルーズ扮するコールサイン "Maverick" こと Pete Mitchell (ピート・ミッチェル) のエースパイロットへの成長を中心に、米海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画。この映画の成功で、トム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。続編の企画については以前より浮上しており、現在の航空情勢を反映させて主人公と無人戦闘機がバトルを繰り広げるような設定を構想している模様。ブラッカイマー氏によれば「無人戦闘機が出現したことによって、有人機・パイロットの存在がもはや必要とされていないのか、というのが大筋のコンセプトになる」としている。1 作目のトップガンでメガホンを執ったトニー・スコット監督は、2012 年 8 月に飛び降り自殺で故人となっており、売れっ子俳優のトム・クルーズ自身も現在のところスケジュールが立っていない様子。


Huffington Post 2014/03/28

Photo : © 1986 Paramount Pictures. All rights reserved.


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』
ロンドン警視庁の警護官を描くBBCドラマシリーズ『Bodyguard』
間もなく公開!期待のアクション映画『The Predator』に登場する銃器はこれだ!
黒い眼帯の女性戦場ジャーナリスト「メリー・コルビン」の伝記映画『A PRIVATE WAR』
ブルース・ウィリス主演、旧日本軍による「重慶爆撃」を題材とした映画『AIR STRIKE』
リアル‟ジャック・ライアン”元CIA職員をフィーチャーしたVICE短編動画
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』 (2018-09-25 16:03)
 ロンドン警視庁の警護官を描くBBCドラマシリーズ『Bodyguard』 (2018-09-18 14:31)
 間もなく公開!期待のアクション映画『The Predator』に登場する銃器はこれだ! (2018-09-10 14:05)
 黒い眼帯の女性戦場ジャーナリスト「メリー・コルビン」の伝記映画『A PRIVATE WAR』 (2018-09-10 12:36)
 ブルース・ウィリス主演、旧日本軍による「重慶爆撃」を題材とした映画『AIR STRIKE』 (2018-09-06 16:06)
 リアル‟ジャック・ライアン”元CIA職員をフィーチャーしたVICE短編動画 (2018-09-04 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop