映画「トップガン2」はトム・クルーズ vs 無人戦闘機の構想

映画・テレビ
Huffington Post によると、映画プロデューサー Jerry Bruckheimer (ジェリー・ブラッカイマー) 氏が映画「トップガン」の続編について「Tom Cruise (トム・クルーズ) は、無人機との戦いに身を投じることになるだろう」と語った。映画「トップガン」は、故 Tony Scott (トニー・スコット) 監督による 1986 年の大ヒット作。トム・クルーズ扮するコールサイン "Maverick" こと Pete Mitchell (ピート・ミッチェル) のエースパイロットへの成長を中心に、米海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画。この映画の成功で、トム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。続編の企画については以前より浮上しており、現在の航空情勢を反映させて主人公と無人戦闘機がバトルを繰り広げるような設定を構想している模様。ブラッカイマー氏によれば「無人戦闘機が出現したことによって、有人機・パイロットの存在がもはや必要とされていないのか、というのが大筋のコンセプトになる」としている。1 作目のトップガンでメガホンを執ったトニー・スコット監督は、2012 年 8 月に飛び降り自殺で故人となっており、売れっ子俳優のトム・クルーズ自身も現在のところスケジュールが立っていない様子。


Huffington Post 2014/03/28

Photo : © 1986 Paramount Pictures. All rights reserved.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」特別試写会が12/26に東京で開催。抽選で50名を招待
    9.11直後にタリバン&アルカイダ討伐へ向かった米陸軍特殊部隊を描く「12 Strong」の第2弾トレーラーが公開
    全米ライフル協会が元ST6隊員ドム・ラアソ氏を起用した「NOIR」シリーズ特別企画のPVを公開
    ジェラルド・バトラー主演、LA犯罪サスペンス映画「ヒート」の流れを汲む映画『Den of Thieves』
    ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』
    イーサン・ホーク×「ジョン・ウィック」製作陣によるアクションスリラー映画『24 Hours to Live』
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」特別試写会が12/26に東京で開催。抽選で50名を招待 (2017-12-08 19:30)
     9.11直後にタリバン&アルカイダ討伐へ向かった米陸軍特殊部隊を描く「12 Strong」の第2弾トレーラーが公開 (2017-11-22 11:36)
     全米ライフル協会が元ST6隊員ドム・ラアソ氏を起用した「NOIR」シリーズ特別企画のPVを公開 (2017-10-31 14:50)
     ジェラルド・バトラー主演、LA犯罪サスペンス映画「ヒート」の流れを汲む映画『Den of Thieves』 (2017-10-31 14:30)
     ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』 (2017-10-26 18:42)
     イーサン・ホーク×「ジョン・ウィック」製作陣によるアクションスリラー映画『24 Hours to Live』 (2017-10-26 17:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop