NEWS

米軍次世代「アイアンマン」構想、TALOS 公式サイトと参画団体が公表。実現に懐疑的な見方も

海外軍事
米軍の次世代構想、アイアンマンスーツ (Iron Man Suit) こと TALOS (Tactical Assault Light Operator Suit) の公式サイト (https://talos.us/) が構築され、サイト内には計画に参加する企業や団体、組織のリストが公開された。リストの内訳は下記の通りで、56 企業の他、16 の政府系組織や、13 大学、10 研究所が示された。兵士の装備全般、多岐に渡って研究対象が広がることから、スポーツメーカーなど一般的にも馴染み深い企業名も挙がっている。
しかし一方で、Military.com のレポートによれば、軍需産業界の専門家らからは、複雑に跨った技術面での数々の問題や、実現化に向けて立ちはだかる財政面での壁を解決することに対して懐疑的な目が向けられているとのこと。米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) では、当初の 4 年間で研究開発目的として 8,000 万ドル (約 82 億円) の予算を注ぎ込む予定。いずれにしても計画は進行しており、米特殊作戦軍団 では、この 6 月にも試作モデルを上げるべく進めており、2018 年までに特殊部隊員への配備を始めたい考え。

Government Collaborators
* 432nd Wing
* Air Force Research Laboratory
* ARL
* Center for Irregular Warfare and Armed Groups
* Combating Terrorism Technical Support Office (CTTSO)
* USSOCOM Component Commands
* Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA)
* In-Q-Tel
* Joint Improvised Explosive Devices Defeat Organization
* Lawrence Livermore National Laboratory
* Lincoln Laboratory
* Los Alamos National Laboratory
* MIT Lincoln Library
* NASA Johnson Space Center
* NASA Langley
* Naval Special Warfare Foundation
* New York Police Department (NYPD)
* Sandia National Library
* US Army Natick Soldier Systems Center (Natick)
* US Naval Research Laboratory

Industry Collaborators
* Adidas
* ADS
* AEgis Technologies
* Agis
* Allen Vanguard
* Altamira
* Anderson Consulting
* Anthro Tronix
* Avegant
* Azure Summit Technologies
* B-temia
* Blackbird Technologies
* Boeing
* CMI
* CWS
* David Clark
* Deep Springs Technology
* Design Interactive
* Draper Laboratory
* Ekso Bionics
* EMC2
* Global Satellite Engineering
* Helios Design Labs
* Honeywell
* Invisio
* IST
* Legacy Effects
* Linear Labs
* Lockheed Martin
* Mawashi
* Miltech
* National Public Radio (NPR)
* Nike
* Oceanic Safety Systems
* Physical Operator Corporation
* Protonex
* Raytheon
* Red Bull Air Force
* Revision
* RINI Technologies
* Robotics Technology Consortium
* Rockwell Collins
* Sage Cheshire
* Select Engineering Services (SES)
* Sierra Nevada Corp.
* Tampa Energy Solutions
* Tandel Systems
* Teledyne Brown Engineering, Inc.
* Thales
* Transformair
* Under Armor
* Vodik Labs
* Warwick Mills
* Wilcox
* Wyle

Academic Collaborators
* Georgia Institute of Technology
* Harvard University
* Johns Hopkins University
* Massachusetts Institute of Technology (MIT)
* Naval Post-Graduate School (NPS)
* Naval War College
* Stanford University
* Chief of Naval Operations Strategic Studies Group (SSG)
* University of North Carolina- Chapel Hill
* University of Pittsburgh
* University of South Florida (USF)
* Virginia Tech
Kit Up! / Military.com 2014/04/18
Military.com 2014/04/22
TALOS official website

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop