SEALs 映画「アメリカン・スナイパー」米国内で撮影中。主演 B.クーパー氏は上々の肉体改造

映画・テレビ
米軍史上最強スナイパー、元・SEALs 隊員の故・Chris Kyle 氏を題材とする映画「アメリカン・スナイパー」(クリント・イーストウッド監督作品) の 12 日間に渡るモロッコでの撮影が終わり、4 月末に米国内での撮影が始まった (※写真はイメージ) 。撮影がおこなわれたのは、ロサンゼルス郊外の Santa Clarita (サンタクラリタ) 地域にある撮影村「Blue Cloud Movie Ranch」。スタントマンで俳優の Rene Veluzat 氏が 2000 年に取得したこの撮影村は、120,000 万坪 (東京ドーム 8.7 個分) を超える広大な敷地が広がる。フルスケールの陸軍キャンプや、航空機の格納庫、戦車やハンビー、ヘリコプターなど 50 台以上にも及ぶ軍用ヴィークルが用意されるなど、現用は勿論、戦争モノの映画を撮影するには外すことのできない充実した設備が整っている。過去には、「Zero Dark Thirty」や「Iron Man」といった作品の撮影場所としても使われたこともあり、ロサンゼルスの中でも最も人気のスタジオとなっている。また、映画の撮影用途以外にも米軍が訓練用途として利用することや、エアソフトゲームでの利用もおこなわれている。エアソフトによるサバイバルゲーム実施の様子は、YouTube 上でも多数確認でき、施設内の各所の様子については、Flickr に掲載された多数の写真からも確認できる。
この他の同作品関連の最新情報としては、クリス・カイル氏役の大役を務めるブラッドレイ・クーパー氏の役作りへ向けた状況が伝えられている。およそ 18 kg にも及ぶウェイトアップと分厚い胸板で屈強な肉体となり、顔にはビッシリと精悍な髭を蓄えた様子へと変貌を遂げている。その様子の詳細については、下記の情報ソース上で掲載中。

LA Times 2014/04/23
Daily Mail 2014/05/02
Blue Cloud Movie Ranch official website
Blue Cloud Movie Ranch official flickr
Photo : ArmyTankBlueCloudMovieRanch08
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop