NEWS

米国ヤマハと Northrop Grumman が小型無人ヘリコプター「R-BAT」の開発と市場開拓で提携へ

海外軍事
Northrop Grumman Corporation は、Yamaha Motor Corporation, U.S.A. 協力の下、小型無人ヘリコプターシステム "R-BAT" (Rotary Bat) の開発と市場開拓を進めることを発表した。ヤマハの農薬散布用の無人ヘリコプター RMAX をベースに軍事偵察用途をはじめ、捜索救助、沿岸警備、空撮、といった用途が示されている。スペックは以下の通り。高度 約 1,800 m、航続時間 4 時間超、積載能力 19.5 kg、全長 3.65 m、データリンク距離 70nm、最大総重量 93 kg。

Northrop Grumman Corporation 2014/05/08

過去の「ヤマハ無人ヘリコプター市場開拓」関連記事:
ヤマハ、第4世代無人ヘリを10月発表、海外市場開拓を積極化

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop