NEWS

1 人で 1 度に最大 3 機の UAV を操作、Thales 社の コントロールステーション コンセプト

海外軍事
フランスの防衛関連大手 Thales Group は、1 人のオペレーターにより 1 度に最大 3 機の無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicle) を操作することが可能なコントロール チェアのコンセプトモデルを公開した。タッチスクリーンと視標追跡 (eye-tracking) システムにより直感的に操作をおこなうことが出来るインターフェイスが採用され、動態的計画の実施や高度なリアルタイムの映像解析が可能になるという。このサイエンスフィクションのようなコントロールステーションは、現在のところ概念実証 (proof-of-concept) の段階に過ぎないが、米・英の防空関連システムを数多く手掛けてきた同社だけに、今後実用化へ向けた動きにも期待が集まるところ。

Thales Group 2014/06/19


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop