名古屋のど真ん中!!「ASOBIBA 名古屋大須店」7/8 にオープン

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
1人でも、手ぶらでも参加OK!話題のサバイバルゲームが名古屋市内で楽しめる!

「インドアサバイバルゲームフィールド ASOBIBA名古屋大須」が7月8日(火)よりオープン!

株式会社ASOBIBA(代表取締役:小林肇/小谷翔一 、以下ASOBIBA)は、愛知県名古屋市中区の商業施設グッドウィルEDM本店内に「インドアサバイバルゲームフィールド ASOBIBA名古屋大須」(以下ASOBIBA名古屋大須)を7月8日(火)よりオープンいたします。

サバイバルゲームとは電動ガンを使用し、互いにBB弾を打ち合ってゲームを進めるスポーツアミューズメントです。これまでシューティングゲームやFPSなどのゲームの中で楽しまれていた世界観を、実際に自分自身が体を動かして体験することが出来るため、近年、特に関東圏で人気が上昇しております。その一方で、多くのフィールドは都心から離れた郊外の山野や廃工場などで行われることが大半で、そのイメージとともに初心者の参加障壁が高いことが多くの潜在的なゲーマーの中で問題となっておりました。

そこでASOBIBAは、その現状に初心者の方でもジムに通うように気軽にサバイバルゲームを体験することが出来るアミューズメント施設として、名古屋市内では初めてのインドアフィールドを開店いたします。ご利用にあたっては15名以上からの貸切利用の他、1名様からでも参加することが出来る店舗主催のイベントを開催。ゲーム参加に必要な電動ガンなどのアイテムは全てレンタル品を用意しており、手ぶらで来場頂く事も可能です。

施設概要
■店名:インドアサバイバルゲームフィールドASOBIBA名古屋大須
■住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目12-35 グッドウィルEDM本店 3F
地下鉄鶴舞線/名城線 上前津駅 徒歩7分
地下鉄鶴舞線 大須観音駅 徒歩8分
■URL:http://asobiba-tokyo.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/asobiba.nagoya
■オープン日:2014年7月8日(火)~
■営業時間:11:00~22:00(①11:00~16:00まで、②17:00~22:00までの入れ替え制)
■料金:ゲーム参加費4000円/1名※レンタル品費用別途※本情報は6月23日時点のものです。営業時間や料金などについては変更する場合があります。

東京サバイバルゲームフィールド ASOBIBA
http://asobiba-tokyo.com/
ASOBIBA 2014/06/23


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)
 ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催 (2017-05-22 19:51)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop