NEWS

米軍、2001 年以来で 400 機以上の無人機がクラッシュ

海外軍事
ワシントンポストは、2001 年以来で米軍の無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicles) が 400 機以上クラッシュしているとの結果をまとめ、各種グラフと共に掲載した。事故調査報告をはじめとする 50,000 ページ以上に及ぶレポートをソースに、ヒューマンエラーや、気象条件、機械的な故障など多岐に渡った原因が報告されている。民家や農場、高速道路、水路などへ機体を叩きつけているレポートの一方で、1 件の特異事例として、上空を飛行中の空軍輸送機・C-130 Hercules (ハーキュリーズ) に機体をぶつけている案件も報告されている。全ての事例が紹介されているとは限らないものの、集計によれば 2001 年 9 月 11 日から 2013 年 12 月 31 日までの期間で、少なくとも 418 機の無人機クラッシュが報告されている。その内で、200 万ドル以上の機体損傷を受けた「Class A」判定の機体が 194 機あり、その半数以上がアフガニスタン、イラクで発生している。またこの他にも、空軍・陸軍などの内訳や、無人機の機種別割合などもグラフ化して提示されている。

Washington Post 2014/06/20


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop