NEWS

米軍、2001 年以来で 400 機以上の無人機がクラッシュ

海外軍事
ワシントンポストは、2001 年以来で米軍の無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicles) が 400 機以上クラッシュしているとの結果をまとめ、各種グラフと共に掲載した。事故調査報告をはじめとする 50,000 ページ以上に及ぶレポートをソースに、ヒューマンエラーや、気象条件、機械的な故障など多岐に渡った原因が報告されている。民家や農場、高速道路、水路などへ機体を叩きつけているレポートの一方で、1 件の特異事例として、上空を飛行中の空軍輸送機・C-130 Hercules (ハーキュリーズ) に機体をぶつけている案件も報告されている。全ての事例が紹介されているとは限らないものの、集計によれば 2001 年 9 月 11 日から 2013 年 12 月 31 日までの期間で、少なくとも 418 機の無人機クラッシュが報告されている。その内で、200 万ドル以上の機体損傷を受けた「Class A」判定の機体が 194 機あり、その半数以上がアフガニスタン、イラクで発生している。またこの他にも、空軍・陸軍などの内訳や、無人機の機種別割合などもグラフ化して提示されている。

Washington Post 2014/06/20

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop