NEWS

米軍、2001 年以来で 400 機以上の無人機がクラッシュ

海外軍事
ワシントンポストは、2001 年以来で米軍の無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicles) が 400 機以上クラッシュしているとの結果をまとめ、各種グラフと共に掲載した。事故調査報告をはじめとする 50,000 ページ以上に及ぶレポートをソースに、ヒューマンエラーや、気象条件、機械的な故障など多岐に渡った原因が報告されている。民家や農場、高速道路、水路などへ機体を叩きつけているレポートの一方で、1 件の特異事例として、上空を飛行中の空軍輸送機・C-130 Hercules (ハーキュリーズ) に機体をぶつけている案件も報告されている。全ての事例が紹介されているとは限らないものの、集計によれば 2001 年 9 月 11 日から 2013 年 12 月 31 日までの期間で、少なくとも 418 機の無人機クラッシュが報告されている。その内で、200 万ドル以上の機体損傷を受けた「Class A」判定の機体が 194 機あり、その半数以上がアフガニスタン、イラクで発生している。またこの他にも、空軍・陸軍などの内訳や、無人機の機種別割合などもグラフ化して提示されている。

Washington Post 2014/06/20


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop