NEWS

スウェーデン CybAero、中国航空宇宙大手 AVIC を通じて無人回転翼機 70 機を受注。総額 100 億円超に

海外軍事
スウェーデンで無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicles) 開発を手掛ける CybAero が、中国向けに総額 7 ~ 8 億クローネ (約 1 億米ドル) 以上に及ぶ無人機の調達契約をおこなっている。発注は 40 万人超の従業員を抱える中国の航空宇宙企業最大手、中国航空工業集団公司 (AVIC : Aviation Industry Corp. of China) のグループを通じておこなわれたもので、ヘリコプター型の回転翼無人機、少なくとも 70 機が対象、8 年に渡るフレームワークで合意している。AVIC では、沿岸警備やエネルギー分野、救難救助、マッピング、農業分野と言った使用用途を掲げている由。実際の調達までには、スウェーデン外務省隷下、戦略物資監察庁 (ISP : Inspectorate of Strategic Products) による不拡散・輸出管理 (NPEC : Non-Proliferation and Export Controls) 発効の輸出許可に依存するとのこと。CybAero 社にとって今回の案件は、同分野において最大規模の受注になるとのこと。

CybAero AB 2014/07/02
About Swedish ISP / Keidanren 2012/02/22
Photo : CybAero APID 60 VTOL UAV System / CybAero Leaflet
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop