NEWS

スウェーデン CybAero、中国航空宇宙大手 AVIC を通じて無人回転翼機 70 機を受注。総額 100 億円超に

海外軍事
スウェーデンで無人機 (UAV : Unmanned Aerial Vehicles) 開発を手掛ける CybAero が、中国向けに総額 7 ~ 8 億クローネ (約 1 億米ドル) 以上に及ぶ無人機の調達契約をおこなっている。発注は 40 万人超の従業員を抱える中国の航空宇宙企業最大手、中国航空工業集団公司 (AVIC : Aviation Industry Corp. of China) のグループを通じておこなわれたもので、ヘリコプター型の回転翼無人機、少なくとも 70 機が対象、8 年に渡るフレームワークで合意している。AVIC では、沿岸警備やエネルギー分野、救難救助、マッピング、農業分野と言った使用用途を掲げている由。実際の調達までには、スウェーデン外務省隷下、戦略物資監察庁 (ISP : Inspectorate of Strategic Products) による不拡散・輸出管理 (NPEC : Non-Proliferation and Export Controls) 発効の輸出許可に依存するとのこと。CybAero 社にとって今回の案件は、同分野において最大規模の受注になるとのこと。

CybAero AB 2014/07/02
About Swedish ISP / Keidanren 2012/02/22
Photo : CybAero APID 60 VTOL UAV System / CybAero Leaflet
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop