NEWS

ドイツ陸軍 エリート降下猟兵「FSLK200」による高高度降下訓練

海外軍事 Comments(0)
ドイツ・Bundeswehr 公式 YouTube に、米国でおこなわれた高高度からのフリーフォールジャンプ訓練映像が公開中。米国テネシー州南西端、ミシシッピー川東岸付近でおこなわれたこの訓練に、ドイツ連邦陸軍 特殊作戦師団、第 200 長距離斥候中隊 (FSLK200 : Fernspählehrkompanie 200, German Army Long Range Reconnaissance 200th) のエリート隊員 20 名が参加。ラバー製の H&K G36 ライフルを携行する隊員の姿の他、ドイツ連邦フレックターン (Flecktarn) 迷彩ではなく、Multicam 迷彩による戦闘服を着用する隊員の姿も確認できる。特殊な任務で高いクオリティーを要求される隊員の多くは、個々の判断の中で使い易いものや効果的なもの、丈夫なものなど、適切であると判断できる装備を使用しているとのこと。じっくり見ると装備的に見どころの多い映像となっている。

Bundeswehr 2014/07/08
About Fernspählehrkompanie 200 / Bundeswehr
Ref : The Wolverine Guard Summer/2008


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop