NEWS

ドイツ陸軍 エリート降下猟兵「FSLK200」による高高度降下訓練

海外軍事
ドイツ・Bundeswehr 公式 YouTube に、米国でおこなわれた高高度からのフリーフォールジャンプ訓練映像が公開中。米国テネシー州南西端、ミシシッピー川東岸付近でおこなわれたこの訓練に、ドイツ連邦陸軍 特殊作戦師団、第 200 長距離斥候中隊 (FSLK200 : Fernspählehrkompanie 200, German Army Long Range Reconnaissance 200th) のエリート隊員 20 名が参加。ラバー製の H&K G36 ライフルを携行する隊員の姿の他、ドイツ連邦フレックターン (Flecktarn) 迷彩ではなく、Multicam 迷彩による戦闘服を着用する隊員の姿も確認できる。特殊な任務で高いクオリティーを要求される隊員の多くは、個々の判断の中で使い易いものや効果的なもの、丈夫なものなど、適切であると判断できる装備を使用しているとのこと。じっくり見ると装備的に見どころの多い映像となっている。

Bundeswehr 2014/07/08
About Fernspählehrkompanie 200 / Bundeswehr
Ref : The Wolverine Guard Summer/2008


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か (2017-04-27 13:17)
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop