NEWS

フランス軍、特殊作戦司令部 (COS) / 特殊作戦旅団 (BFST) のティーザー映像を公開

海外軍事
フランス陸軍 Armée de Terre 公式 YouTube チャンネルで、特殊作戦旅団 (BFST : Brigade des Forces Spéciales Terre) のクリップ映像が公開された。

映像は、隷下の第 13 竜騎兵落下傘連隊 (13e RDP : 13e Régiment de dragons parachutistes) や、第 4 特殊部隊ヘリコプター連隊 (4e RHFS : 4e régiment d'hélicoptères des forces spéciales)、2007 年に創設された地上部隊の通信支援をおこなう CCT FS (Compagnie de Commandement et de Transmissions des Forces Speciales) の役割とその活躍が描かれている。

高高度ジャンプ、ヘリからのロープ降下、水辺からの侵入、建屋への突入、野外での偵察、情報収集、狙撃、夜間襲撃ミッションなど・・・各隊員の装備は勿論、動きや置かれたその状況など、見どころ多き興味深い映像に仕上がっている。
また、フランス国防軍も同じく特殊部隊を題材とした映像を公式 YouTube チャンネル上に掲載した。

こちらは、国防ジャーナル放送向けのティーザーとなっており、1999 年に開局した上院・下院番組放送のための議会チャンネル「LCP (La Chaîne Parlementaire)」にて 8 月 3 日~ 9 月 2 日の期間、全 7 回で放送予定とし、8 月 5 日には、公式サイト上でも紹介されるとのこと。

放送は、広く国民に対して、特殊部隊の活動を知らせることを主旨としている。

特殊作戦司令部 (COS : Commandement des opérations spéciales) の下、3,300 名あまりの優秀な隊員らが、日々世界各国で目まぐるしく動く様々な情勢の中、シージャックからの人質救出や、戦争犯罪人の捕縛などといった、普段国民があまり知ることの無い、秘匿裏の活動におけるその一端が示されるという。

Armée de Terre 2014/07/28
ministeredeladefense 2014/07/28
About CCT FS / Armée de Terre 2014/03/11
About La Chaîne Parlementaire / JETRO 2010/03

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop