NEWS

米特殊作戦軍 (USSOCOM) の司令官が交代

海外軍事 Comments(0)
 
Left : Adm. William H. McRaven / Right : Lt. Gen. Joseph L. Votel
米特殊作戦軍(USSOCOM : United States Special Operations COMmand)は 7 月 25 日、同軍の司令官を務めるウィリアム・マクレイヴン海軍大将が退役、その後任にジョセフ・ヴォーテル陸軍中将が就くことを発表した。

マクレイヴン氏は 2011 年 8 月に USSOCOM 司令官の座に着任した。彼はそれまで USSOCOM の下部組織である統合特殊作戦コマンド (JSOC) の司令官を務めており、2011 年 5 月 1 日に行われた、ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害を狙った「ネプチューンの槍作戦」を指揮、成功させた。同年末には『タイム』誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の次点にも選ばれた。USSOCOM 司令官としても活躍し、対テロ戦争などで功績を残している。彼はこのキャリアを最後に軍を退役、37 年間に渡る軍隊生活にピリオドを打つ。

後任のヴォーテル氏は 1958 年生まれの 56 歳で、1980 年に米陸軍士官学校を卒業。
パナマ侵攻や不朽の自由作戦、イラク戦争などに参加した経歴を持つ。彼もまた、マクレイヴン氏と同様に JSOC の司令官を、2011 年 6 月から務めていた。またさらに、2010 年 6 月から 2011 年 5 月までは USSOCOM の参謀長を務めたこともあり、彼にとっては 3 年ぶりの USSOCOM への復帰ともなった。なお彼は USSOCOM の 10 代目の司令官である。

正式な就任式は 8 月 28 日に、タンパ会議センターで行われる予定だ。

USSOCOM Public Affairs 2014/07/25
Text : 鳥嶋真也 - 003


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop