NEWS

米海兵隊の特殊部隊 MARSOC、「マリーン・レイダース」に改称

海外軍事
米海兵隊の総司令官ジェームス・F・エイモス (James F. Amos) 海兵隊大将は 8 月 6 日、同隊の特殊部隊である MARSOC (Marine Corps Forces Special Operations Command) を、マリーン・レイダース (Marine Raiders) に改称すると発表した。

MARSOC は 2003 年に創設されたが、これまで愛称のようなものは設定されていなかった。今回の決定により、MARSOC は公式の名称としては残るものの、同隊に属するユニット、例えば第 1 海兵特殊作戦大隊 (1st Marine Special Operations Battalion) は第 1 マリーン・レイダー大隊 (1st Marine Raider Battalion) などと呼ばれることになり、またマリーン・レイダー連隊、マリーン・レイダー支援群といった呼び名に変わるという。

レイダースという名前は、第 2 次世界大戦において活動した急襲部隊の名前に由来する。1942 年から 1944 年にかけて、4 つのマリーン・レイダー大隊 (Marine Raider battalions) と、2 つのレイダー連隊が組織され、太平洋に展開し、水陸両用での襲撃や、ゲリラ作戦を行った。彼らは米国初の特殊作戦部隊であり、大きな功績を残している。

今回の改称により、第 2 次大戦時のレイダースと、MARSOC とが、歴史的に結ばれることとなった。

ただ、『Marine Corps Times』によれば、改称を求める提案は以前からあったものの、他ならぬエイモス大将自身が、旧レイダースと MARSOC とは距離を置くべきであるとする反対派であり、2011 年には提案が退けられていた。しかし、旧レイダースに所属していた退役軍人らからなる協会のロビー活動により、ついに改称が現実のものになったとのことだ。

U.S. Marine Corps Forces Special Operations Command 2014/08/06
Marine Corps Times 2014/08/06
Photo By: Gunnery Sgt. Josh Higgins
Text : 鳥嶋真也 - 003

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop