NEWS

SAS と米特殊部隊、武装組織「イスラム国」を倒すため「タスク・フォース・ブラック」を立ち上げ

海外軍事
英国の『デイリー・ミラー』紙は 8 月 23 日、英国の特殊空挺部隊 (SAS) と米国の特殊部隊群によって、武装組織「イスラム国」 (旧 ISIS) を討つことを目的とした統合部隊が立ち上げられたと報じた。

この部隊は「タスク・フォース・ブラック (Task Force Black) 」と名付けられ、同じ名前で、同様に複数の部隊から構成された統合部隊が、イラク戦争でも活動した実績を持つ。

今回はデーヴィッド・キャメロン英首相の命によって立ち上げられたとされ、部隊は SAS と海軍特殊戦開発グループ (DEVGRU、いわゆる SEAL Team Six) 、そしてデルタ・フォースから構成されるとされる。

ターゲットは「イスラム国」のメンバーを対象とし、最終的にはリーダーのアブー・バクル・アル=バグダーディー容疑者を討つことを目的としているという。同紙に語った情報筋は「蛇の頭を切り落とす」 ("cut the head off the snake") と表現した。

またこの情報筋が語ったところによれば、オペレーションは中央情報局 (CIA) によって指揮され、支援のために多数の無人偵察機も投入されるという。また作戦は最低でも 1 年は続く、長いものになるとのことだ。

Mirror 2014/08/23
U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Ericka Engblom/ Released
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop