NEWS

SAS と米特殊部隊、武装組織「イスラム国」を倒すため「タスク・フォース・ブラック」を立ち上げ

海外軍事
英国の『デイリー・ミラー』紙は 8 月 23 日、英国の特殊空挺部隊 (SAS) と米国の特殊部隊群によって、武装組織「イスラム国」 (旧 ISIS) を討つことを目的とした統合部隊が立ち上げられたと報じた。

この部隊は「タスク・フォース・ブラック (Task Force Black) 」と名付けられ、同じ名前で、同様に複数の部隊から構成された統合部隊が、イラク戦争でも活動した実績を持つ。

今回はデーヴィッド・キャメロン英首相の命によって立ち上げられたとされ、部隊は SAS と海軍特殊戦開発グループ (DEVGRU、いわゆる SEAL Team Six) 、そしてデルタ・フォースから構成されるとされる。

ターゲットは「イスラム国」のメンバーを対象とし、最終的にはリーダーのアブー・バクル・アル=バグダーディー容疑者を討つことを目的としているという。同紙に語った情報筋は「蛇の頭を切り落とす」 ("cut the head off the snake") と表現した。

またこの情報筋が語ったところによれば、オペレーションは中央情報局 (CIA) によって指揮され、支援のために多数の無人偵察機も投入されるという。また作戦は最低でも 1 年は続く、長いものになるとのことだ。

Mirror 2014/08/23
U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Ericka Engblom/ Released
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop