NEWS

韓国軍、北朝鮮の特殊部隊からの回収物を展示するトラックを製作

海外軍事

韓国軍の情報司令部 (KDIC) が、北朝鮮の特殊部隊について紹介するトラックを製作した。

KDIC によれば、朝鮮戦争の休戦以来これまで、北朝鮮の特殊部隊は 1,000 回を超える海からの侵入、また 700 回を超える空からの侵入を試みているという。
このトラックは、そうした韓国へ侵入しようと北朝鮮の特殊部隊から回収した、衣類や通信装置、武器などの装備のコレクションを、荷台を丸々使い展示している。

この展示は韓国軍兵士に見せるために作られたもので、 8 月 1 日に KDIC 本部の前で、約 130 人の韓国軍兵士に向けて披露された。武器は実際に触ることもできたという。8 月 18 日から始まった、韓国軍と米軍による年次合同演習「乙支・フリーダム・ガーディアン」を直前に控え、国防意識を高めることを目的としていた。

なお、米陸軍の第 3 軍が運営するインターネット・メディア『DVIDS』では、現地で米軍兵士が撮影した画像が多数掲載されている。

DVIDS 2014/08/04
Photo by Staff Sgt. Cashmere Jefferson, 19th Expeditionary Sustainment Command Public Affairs Office
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop