NEWS

韓国軍、北朝鮮の特殊部隊からの回収物を展示するトラックを製作

海外軍事

韓国軍の情報司令部 (KDIC) が、北朝鮮の特殊部隊について紹介するトラックを製作した。

KDIC によれば、朝鮮戦争の休戦以来これまで、北朝鮮の特殊部隊は 1,000 回を超える海からの侵入、また 700 回を超える空からの侵入を試みているという。
このトラックは、そうした韓国へ侵入しようと北朝鮮の特殊部隊から回収した、衣類や通信装置、武器などの装備のコレクションを、荷台を丸々使い展示している。

この展示は韓国軍兵士に見せるために作られたもので、 8 月 1 日に KDIC 本部の前で、約 130 人の韓国軍兵士に向けて披露された。武器は実際に触ることもできたという。8 月 18 日から始まった、韓国軍と米軍による年次合同演習「乙支・フリーダム・ガーディアン」を直前に控え、国防意識を高めることを目的としていた。

なお、米陸軍の第 3 軍が運営するインターネット・メディア『DVIDS』では、現地で米軍兵士が撮影した画像が多数掲載されている。

DVIDS 2014/08/04
Photo by Staff Sgt. Cashmere Jefferson, 19th Expeditionary Sustainment Command Public Affairs Office
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop