機関銃のリアルな射撃音を演出、Incentive Designs のエアソフト向け装置「S.M.G. ラトル」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
Popular Airsoft は 8 月 25 日付けで、エアソフトのイベント「Ground Zero Weekender National Airsoft Event 2014」で展示された、インセンティヴ・デザインズ (Incentive Designs) 社の「S.M.G. ラトル」を紹介している。

同社は今年設立されたばかりの会社で、つい最近エアソフトに取り付けられる、マズル・フラッシュを作り出す装置「MFG ヴェノム」 (MFG VENOM) を発表した。これは銃口部に取り付けることで、BB 弾が通り過ぎるのと連動し、マズル・フラッシュを模した強力な LED 光を発光させるというものだ。

また同イベントでは、「S.M.G. ラトル」と名付けられた新しい製品が披露された。これは M60 機関銃などのエアソフトと、その台座からなる製品で、機関銃のリアルな射撃音を出すことができる装置だ。発砲音はいくつかの種類の機関銃から選べ、また砲撃音など、戦場の環境音も混ぜることができる。さらに、UH-1 ヒューイ・ヘリコプターのローター音も用意されており、あたかもヒューイのドアガンを撃っているような体験を味わうこともできるとのことだ。また MFG ヴェノムを取り付けることで、臨場感はさらにアップする。

同社によれば、今年中に発売したいとしている。

Popular Airsoft 2014/08/25
S.M.G. Rattle / Incentive Designs
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop