機関銃のリアルな射撃音を演出、Incentive Designs のエアソフト向け装置「S.M.G. ラトル」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
Popular Airsoft は 8 月 25 日付けで、エアソフトのイベント「Ground Zero Weekender National Airsoft Event 2014」で展示された、インセンティヴ・デザインズ (Incentive Designs) 社の「S.M.G. ラトル」を紹介している。

同社は今年設立されたばかりの会社で、つい最近エアソフトに取り付けられる、マズル・フラッシュを作り出す装置「MFG ヴェノム」 (MFG VENOM) を発表した。これは銃口部に取り付けることで、BB 弾が通り過ぎるのと連動し、マズル・フラッシュを模した強力な LED 光を発光させるというものだ。

また同イベントでは、「S.M.G. ラトル」と名付けられた新しい製品が披露された。これは M60 機関銃などのエアソフトと、その台座からなる製品で、機関銃のリアルな射撃音を出すことができる装置だ。発砲音はいくつかの種類の機関銃から選べ、また砲撃音など、戦場の環境音も混ぜることができる。さらに、UH-1 ヒューイ・ヘリコプターのローター音も用意されており、あたかもヒューイのドアガンを撃っているような体験を味わうこともできるとのことだ。また MFG ヴェノムを取り付けることで、臨場感はさらにアップする。

同社によれば、今年中に発売したいとしている。

Popular Airsoft 2014/08/25
S.M.G. Rattle / Incentive Designs
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
    「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布
    エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?
    ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)
     「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 (2017-08-08 13:38)
     エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用? (2017-08-08 12:26)
     ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始 (2017-08-04 16:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop