NEWS

M18 スモーク・グレネード、無事故で生産数 300 万個を突破

海外軍事

米陸軍は 8 月 18 日、M18 スモーク・グレネードの生産数が 300 万個を突破したと発表した。

記念すべき 300 万個目が生産されたのは今年 7 月 2 日のことで、また 2011 年 5 月には 200 万個を突破していた。これまで生産過程における事故は発生していない。

M18 は煙を発生させることのできるグレネードで、地上や空にいる味方に対する信号として使用したり、目標地点やヘリコプターなどの着陸地点のマーキング、また敵の目を欺くための遮蔽といった用途で使われている。

また化合物の配分を変えることで、煙に赤・緑・黄色・紫といった色をつけることもできる。

生産を手掛けるパイン・ブラッフ兵器廠を統括しているアミュニション・オペレーションズのロック・バーン氏は「これは大きな偉業だ。だが、私の功績ではない。多くの人々が、毎朝早くにバスでやって来て、仕事着を着て、生産ライン
に就き、毎日大変な仕事をこなしている。とてもタフな仕事だ。彼らこそがこの偉業を成し遂げたのだ」と述べている。

U.S. Army 2014/08/18
Photo 1: U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Chris Flahive/Released
Photo 2 Credit: Hugh Morgan
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop