NEWS

「人間兵器」空軍特殊部隊員の肉体・コンディション造りをサポートする専任メディカルチーム

海外軍事
米空軍オフィシャルマガジンのオンラインサイト「Airaman Magazine Online」で、「The Human Weapon」と題した特集ページが掲載された。これに併せて公式 YouTube チャンネルと Flickr 上にメイン映像および多数の高画質写真が掲載中。
Photo Gallery: The Human Weapon / AirmanMagazine Official Flickr

SOCOM (Special Operations Command: 米特殊作戦軍) では、栄養学や理学療法、スポーツ医学などを活かして、特殊部隊員の肉体やコンディション造り、怪我の防止に繋げることを目的に「Human Performance Program」を設計している。

出撃を待つ戦闘機へ保守メンテナンスに当たる専属のチームが存在するのと同様に、特殊作戦に従事する空軍兵士を「兵器 (weapon systems)」に見立て、肉体的パフォーマンスのピークを引き出し継続させる専任のメディカルチームを擁立しているとのこと。

AirmanMagazineOnline 2014/09/02
The Human Weapon / Airman Online 2014/09/02
American Forces Press Service / U.S. DoD 2013/06/14

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop