深緑のジャングルで抜群の迷彩効果、F.E.A.R. Camo「Creeper (クリーパー) 迷彩」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
タクティカルユースでの迷彩パターン開発を手掛ける FEAR GEAR は、8 月末に予告していた新たな迷彩パターンの効果を示すフォトギャラリーを公式 FaceBook「F.E.A.R. Camo」上で公開した。

「Creeper (クリーパー) 」と名付けられたこの新たな迷彩パターンは、植物が生い茂ったジャングル地での使用を想定している為、緑が多く用いらているのが特徴。ギャラリーページには、Creeper 迷彩を使ったスナイパーベールを被った人物が、すっかり周囲の植生下に溶け込んでいる様子が紹介されている。ヴェールとなっているので、首に巻きつけておいたり、バックパックや少し大きめのポーチの中に忍ばせておき、状況を見計らって取り出してみると大きな効果を発揮しそうだ。

このネーミングに用いられた「Creeper」の単語には、「はうもの」「つる植物」から転じて「他人をこっそり観察する人」と言った意味を持つ。

F.E.A.R. Camo によると、今回の Creeper と以前にミリブロ News でも紹介した山岳・市街地用迷彩パターン「D1RT」の他、雪原地向けの「CYRO」と砂漠地向けの「Sidewinder」計 4 種でのラインアップを予定しているとのこと。これら 4 種の迷彩パターンによる高耐久のメッシュ地を使ったスナイパーヴェールオプションが近くリリース予定となっている。

Creeper Sniper Veil / F.E.A.R. Camo official FaceBook 2014/09/07
F.E.A.R. Camo official FaceBook 2014/08/21

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
    銃器・アクセサリー小売大手ブラウネルズのYouTubeチャンネルが一時凍結され騒ぎに
    A&Kガスブローバック式エアソフト『M249』のテスト稼働映像
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)
     銃器・アクセサリー小売大手ブラウネルズのYouTubeチャンネルが一時凍結され騒ぎに (2018-06-14 19:35)
     A&Kガスブローバック式エアソフト『M249』のテスト稼働映像 (2018-06-14 18:11)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop