NEWS

中国、空気で膨らむ風船のような無人航空機 (UAV) を展覧会で披露

海外軍事
中国国営の中国新聞社は 9 月 1 日、天津で開催された「2014 年天津国際 UAV & モデル展覧会」 (2014 Tianjin International UAV and Model Exhibition) において、中国企業によって開発された、風船のように空気を入れて膨らませるタイプの無人航空機 (UAV) が披露されたと報じた。

機体は柔軟性を持つ複合材料で作られており、萎ませるとスーツケースに入るぐらいのサイズになるという。最大で 25 kg のカメラなどの機器を搭載でき、高度 4,000 m ほどを飛行することができるとのことだ。

写真を見る限り、胴体や翼はもちろん、エレボンまで風船構造になっており、また動力はラジコン飛行機などに使われているような小さなエンジンが用いられているようだ。

最大の利点は、やはり小さく折り畳めることで持ち運びがしやすくなり、戦場において前線への輸送や展開がしやすいという点であろう。しかし、膨らませて飛行可能な状態になるまでに時間が掛かるという短所を持ち、またおそらく飛行スピードも他のUAVより遅く、また操縦性も良くないはずだ。

また、エンジンが停止したり、操縦ができなくなれば風に流されて明後日の方向に飛んでいってしまうであろうことは想像に難くない。

Ecns.cn 2014/09/01
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop