ネイビー・シールの現役狙撃インストラクターが選ぶ、銃器トップ 5

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
元ネイビー・シールの隊員だった Joel Lambert 氏の Web サイトで、現役のネイビー・シールの狙撃インストラクターである Chris Sajnog 氏による、種類別、目的別での優れた銃器トップ 5 が紹介されている。
※写真と本文は関係ありません。

まずハンドガン部門では SIG SAUER P226 が選ばれた。同氏によれば、これまで P226 は数え切れないほど撃ったことがあるものの、ほとんど不調に遭ったことがないという。また水や砂、泥に浸した直後に引き抜いてもすぐに射撃できる、高い耐久性も魅力だという。

続いて CQC (近接格闘) では HK MP5N が選ばれている。N は海軍を意味する Navy から採られており、同氏が所属するネイビー・シールの要求によって開発されたモデルだ。

戦場での使用部門では M4A1 With SOPMOD KIT と M203 が選ばれた。いずれは FN SCAR に置き換わるとされるが、同氏にとっては長年親しんできた銃であり、寝ていても使えるとさえ語られている。

山岳地帯では MK14 が選ばれた。Sajnog 氏はネイビー・シール・チーム 2 でこの銃を装備し、冬の山岳地帯で任務にあたっていたことがあるといい、射程や耐久性など、必要とされたすべての能力を兼ね備えていたという。

そして同氏の一番の専門分野である狙撃任務では.300 Win Mag (M91A2) が選ばれた。同氏はネイビー・シールで使用されるすべてのスナイパー・ライフルを扱った経験があるというが、その中でもこの銃は特に長い射程を持ち、もし任務に一挺のスナイパー・ライフルしか持っていけないのであれば、これを選ぶとしている。

Joel Lambert official website 2014/09/16
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class William S. Parker/Released
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop