NEWS

Mi-24 戦闘ヘリコプターの初飛行から 45 周年

海外軍事
ロシアのヘリコプター製造会社ロシアン・ヘリコプターズは 9 月 19 日、Mi-24 戦闘ヘリコプターの初飛行から 45 周年を記念する特集ページを公開した。

Mi-24 は 1968 年に開発が始まり、翌 1969 年には初飛行を迎えている。この短さは、Mi-8 や Mi-14 の設計や部品を多く流用したためだ。また早くも 1971 年から生産が始まり、1976 年から軍での導入が始まった。

Mi-24 はソヴィエト初、そして世界ではベル社の AH-1 に続いて 2 番目となる戦闘ヘリコプターであった。その後、現在に至るまでに生産数は 3,500 機を数え、40 を超える紛争や戦争に参加した。また今も世界 40 ヶ国以上で運用に就いており、派生型の Mi-35 の製造も続いている。

当時設計を担当したミル・ヘリコプターや、製造を担当した 2 つの工場は、現在は国営のロシアン・ヘリコプターズの子会社となっている。

Rostec 2014/09/19
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop