NEWS

Mi-24 戦闘ヘリコプターの初飛行から 45 周年

海外軍事
ロシアのヘリコプター製造会社ロシアン・ヘリコプターズは 9 月 19 日、Mi-24 戦闘ヘリコプターの初飛行から 45 周年を記念する特集ページを公開した。

Mi-24 は 1968 年に開発が始まり、翌 1969 年には初飛行を迎えている。この短さは、Mi-8 や Mi-14 の設計や部品を多く流用したためだ。また早くも 1971 年から生産が始まり、1976 年から軍での導入が始まった。

Mi-24 はソヴィエト初、そして世界ではベル社の AH-1 に続いて 2 番目となる戦闘ヘリコプターであった。その後、現在に至るまでに生産数は 3,500 機を数え、40 を超える紛争や戦争に参加した。また今も世界 40 ヶ国以上で運用に就いており、派生型の Mi-35 の製造も続いている。

当時設計を担当したミル・ヘリコプターや、製造を担当した 2 つの工場は、現在は国営のロシアン・ヘリコプターズの子会社となっている。

Rostec 2014/09/19
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop