NEWS

米陸軍特殊部隊とポーランド特殊部隊によるファストロープ降下&CQB 合同訓練 (CAPEX) 映像

海外軍事 Comments(0)
米陸軍「グリーンベレー」(3rd Special Forces Group (Airborne)) とポーランド特殊部隊による、相互運用性の維持・構築を目的とした合同訓練 (CAPEX, capabilities exercise) が、9 月 15 日から 23 日の期間、米陸軍特殊部隊司令部 (ASOC, Army Special Operation Command) のあるノースカロライナ州 フォートブラッグでおこなわれた。
現在 DVIDS 上では UH-60 Black Hawk を使ったファストロープ降下や CQB 訓練の実施についての映像が公開中となっている他、米陸軍広報ページでは A-TACS FG 迷彩の戦闘服と装備を身に着けたポーランド特殊部隊のアップ写真が掲載中。

U.S. Army Special Operations Command / DVIDS 2014/09/26
Photo Credit: SSG Marcus Butler, USASFC Public Affairs


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入
米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入 (2018-08-20 18:16)
 米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定 (2018-08-20 14:32)
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop