NEWS

ロシア国防省の『ズヴィズダー』、ロシア軍の大規模演習「ヴォストーク 2014」の動画を公開

海外軍事
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 9 月 29 日、公式 YouTube チャンネルに、ロシア連邦軍が東部軍管区において実施した大規模演習「ヴォストーク 2014」の模様を紹介する動画を公開した。

ヴォストーク 2014 は、9 月 19 日から 25 日にかけてシベリアや極東地域で行われた大規模な演習で、ロシア国防省の公式発表によれば、参加した人数は約 10 万人、航空機は約 120 機、戦闘車両は約 6,500 両(そのうち戦車は約 1,500 両)、艦艇は約 70 隻にも上るとされる。

この地でこれほどまでの大規模な演習が開かれるのは 4 年ぶりのこととなる。
これは東部、中央、西部、南部の 4 つの軍管区が毎年持ち回りで開催しているためで、単に東部に順番が回ってきただけではあるが、しかし 4 年前と比べると参加人数も兵器も大幅に増えている。

動画では、イスカンデル M 弾道ミサイルの発射や、Mi-24 が編隊を組んで攻撃を仕掛ける様子、Su-35 の飛行シーン、949A 型 (オスカー II 型) 潜水艦が浮上する様子など、多くの迫力ある映像が収められている。

tvZvezda 2014/09/29
About Vostok-2014 / Japan MoD 2014/09/30
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop