NEWS

ノーボスチ・ロシア通信、10 月 1 日の「ロシア陸軍の日」に特集記事を公開

海外軍事
10 月 1 日に「ロシア陸軍の日」 (Russian Land Force Day) を迎えたことに合わせて、ノーボスチ・ロシア通信がロシア陸軍の歴史を振り返る特集記事を公開した。

「ロシア陸軍の日」 は 2006 年 5 月 31 日に大統領令によって制定されたもので、1550 年 10 月 1 日にイヴァン 4 世 (イヴァン雷帝) によって、ロシア初の常備軍にして、現在のロシア陸軍の祖先ともなるストレリーツィ (Стрельцы) が立ち上げられたことに由来している。ストレリーツィは約 1,000 人の選抜者から構成され、モスクワを守護した。

またさらにイヴァン 4 世は、兵隊をリクルートするシステムを作り、戦時と平時それぞれの軍隊の体制を確立し、また軍隊の集中的管理や調達の体制を作るなどの、合理的なシステムを導入した。

その後のソ連軍の確立や第二次世界大戦(大祖国戦争)、また 2009 年以降から始まったロシア連邦軍の大改革などについても紹介されている。

RIA Novosti 2014/10/01
Photo: Russia MBT T-90 / Ministry of Defence of the Russian Federation
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201410

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop