NEWS

LaserMax 社、米特殊作戦軍にマルチスペクトル・ハンドヘルド・サーマル・レーザー・マーカーを引き渡し

海外軍事
LaserMax 社は 10 月 21 日、米特殊作戦軍 (U.S. SOCOM) にマルチスペクトル・ハンドヘルド・サーマル・レーザー・マーカー (Multispectral Thermal Laser Marker) を引き渡したと発表した。

このレーザーはマーキングやポインティングなどに使われ、航空機などから赤外線センサーを使って、位置などを確認することができる。可視光ではないため敵に検知されにくい。マーカーは既存の暗視ゴーグルや赤外線イメージャーと互換性を持っているとのこと。

レーザーの波長は近赤外線、短波長赤外線、中波長赤外線の 3 種類から選択できるようになっている。また設置には既存の武器や、三脚が使用できるとのこと。

LaserMax 2014/10/21
Photo: Multispectral Handheld Marker (MHM) / LaserMax
Text : 鳥嶋真也 - FM201410

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop