NEWS

イスラエルのFlying Production 社、新型の無人航空機 (UAV)「ダ・ヴィンチ」を発表

海外軍事
イスラエルの Flying Production 社が、合衆国陸軍協会 (AUSA) の 2014 年会合において、新型の無人航空機 (UAV)「ダ・ヴィンチ」(Da Vinci) を発表した。専門誌 IHS Jane's International Defence Review が 10 月 13 日付けで報じている。

ダ・ヴィンチは自律飛行ができるマルチコプターで、ガリレオと名付けられた電子光学/赤外線統合センサーを搭載する。動力は 6 つのモーターで、そのうち 1 つのモーターに不調が生じても飛行を続けることができるという。機体の質量は5.4 kg で、飛行時間は約90分間、高度 2,000 ft を最大速度 45 km/h で飛行できるとされる。また航続距離は 7 km、最大で 40 km にもなるという。

地上での管制はタッチスクリーン・ディスプレイを用いて行うことができ、機体や管制システムを合わせた全質量は 7 kg で、2 人の兵士によって輸送、展開を行うことが可能とされる。

すでに生産に入っており、2014 年の終わりまでに 20 機が製造されるだろうとしている。

IHS Jane's International Defence Review 2014/10/13
Da Vinci Micro UAV / Flying Production
Text: 鳥嶋真也 - FM201411

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop