NEWS

イスラエルのFlying Production 社、新型の無人航空機 (UAV)「ダ・ヴィンチ」を発表

海外軍事
イスラエルの Flying Production 社が、合衆国陸軍協会 (AUSA) の 2014 年会合において、新型の無人航空機 (UAV)「ダ・ヴィンチ」(Da Vinci) を発表した。専門誌 IHS Jane's International Defence Review が 10 月 13 日付けで報じている。

ダ・ヴィンチは自律飛行ができるマルチコプターで、ガリレオと名付けられた電子光学/赤外線統合センサーを搭載する。動力は 6 つのモーターで、そのうち 1 つのモーターに不調が生じても飛行を続けることができるという。機体の質量は5.4 kg で、飛行時間は約90分間、高度 2,000 ft を最大速度 45 km/h で飛行できるとされる。また航続距離は 7 km、最大で 40 km にもなるという。

地上での管制はタッチスクリーン・ディスプレイを用いて行うことができ、機体や管制システムを合わせた全質量は 7 kg で、2 人の兵士によって輸送、展開を行うことが可能とされる。

すでに生産に入っており、2014 年の終わりまでに 20 機が製造されるだろうとしている。

IHS Jane's International Defence Review 2014/10/13
Da Vinci Micro UAV / Flying Production
Text: 鳥嶋真也 - FM201411

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop