NEWS

米陸軍特殊部隊が好成績で存在感、2014 インターナショナル スナイパー コンペティションが開催

海外軍事
米ジョージア州のフォート・ベニングで 10 月 20 日から 24 日の期間、2014 年インターナショナル スナイパー コンペティションが開催された。

インターナショナル スナイパー コンペティションは、米陸軍のスナイパースクールをホストとする年次開催の競技会で、米陸軍はもとより、陸軍予備軍、州兵、海兵隊、国土安全保障省、国防総省の緊急即応チーム、司法省、警察官の他、海外からは英国、デンマーク、ドイツからの参加があった。

基礎体力を競う内容から、ターゲットの検出やストーキング、ランドナビゲーション、射撃技術と言ったスナイパー特有の技術における習熟度を競うものがラインアップされた由。

2 名 1 組 37 チームが参加した競技は、1 位に米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」第 1 特殊部隊グループ (1st Special Forces Group / 1st SFG) が、そして続く 2 位に同じくグリーンベレーから第 3 特殊部隊グループ (3rd SFG) が入った他、トップ 3 は米陸軍の特殊部隊チームがその存在感を示した結果となっている。

BenningTV 2014/11/03
U.S. Army 2014/10/24
wrbl.com 2014/10/25
2014 International Sniper Competition Final Standings / 316th Cavalry BDE, Destroyers 2014/11/04
Embed photo: by Markeith Horace and Patrick A. Albright, both MCoE PAO Photographers.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop