NEWS

米陸軍特殊部隊が好成績で存在感、2014 インターナショナル スナイパー コンペティションが開催

海外軍事
米ジョージア州のフォート・ベニングで 10 月 20 日から 24 日の期間、2014 年インターナショナル スナイパー コンペティションが開催された。

インターナショナル スナイパー コンペティションは、米陸軍のスナイパースクールをホストとする年次開催の競技会で、米陸軍はもとより、陸軍予備軍、州兵、海兵隊、国土安全保障省、国防総省の緊急即応チーム、司法省、警察官の他、海外からは英国、デンマーク、ドイツからの参加があった。

基礎体力を競う内容から、ターゲットの検出やストーキング、ランドナビゲーション、射撃技術と言ったスナイパー特有の技術における習熟度を競うものがラインアップされた由。

2 名 1 組 37 チームが参加した競技は、1 位に米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」第 1 特殊部隊グループ (1st Special Forces Group / 1st SFG) が、そして続く 2 位に同じくグリーンベレーから第 3 特殊部隊グループ (3rd SFG) が入った他、トップ 3 は米陸軍の特殊部隊チームがその存在感を示した結果となっている。

BenningTV 2014/11/03
U.S. Army 2014/10/24
wrbl.com 2014/10/25
2014 International Sniper Competition Final Standings / 316th Cavalry BDE, Destroyers 2014/11/04
Embed photo: by Markeith Horace and Patrick A. Albright, both MCoE PAO Photographers.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場
    米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)
     対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場 (2017-08-10 17:09)
     米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開 (2017-08-10 16:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop