NEWS

中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発

海外軍事
中国国営の新華社などは11 月 2 日、中国工程物理研究院が、小型の無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発したと報じた。

このレーザー兵器は、高度 500 m 以下を秒速 50 m 未満で飛ぶ小型無人機などの飛行物体を、センサーでの捕捉後約 5 秒以内で迎撃することができるという。射程は半径2 km とのこと。

マルチコプターなどの小型無人機は近年発達が進んでおり、市販化もされている。しかしその反面、テロ活動などにも使われる危険性があり、同紙では「都市部で大きなイベントが開催される際に、安全確保などにおいて重要な役割を果たすだろう」としている。

すでに試験では、30 機を超える無人機を、100 %の成功率で迎撃できたという。
またさらに協力な出力と射程を持つシステムの開発も進んでいるとのこと。

News.China.com 2014/11/02
Photo: Chinese Internet
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop