NEWS

中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発

海外軍事
中国国営の新華社などは11 月 2 日、中国工程物理研究院が、小型の無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発したと報じた。

このレーザー兵器は、高度 500 m 以下を秒速 50 m 未満で飛ぶ小型無人機などの飛行物体を、センサーでの捕捉後約 5 秒以内で迎撃することができるという。射程は半径2 km とのこと。

マルチコプターなどの小型無人機は近年発達が進んでおり、市販化もされている。しかしその反面、テロ活動などにも使われる危険性があり、同紙では「都市部で大きなイベントが開催される際に、安全確保などにおいて重要な役割を果たすだろう」としている。

すでに試験では、30 機を超える無人機を、100 %の成功率で迎撃できたという。
またさらに協力な出力と射程を持つシステムの開発も進んでいるとのこと。

News.China.com 2014/11/02
Photo: Chinese Internet
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop