NEWS

中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発

海外軍事
中国国営の新華社などは11 月 2 日、中国工程物理研究院が、小型の無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発したと報じた。

このレーザー兵器は、高度 500 m 以下を秒速 50 m 未満で飛ぶ小型無人機などの飛行物体を、センサーでの捕捉後約 5 秒以内で迎撃することができるという。射程は半径2 km とのこと。

マルチコプターなどの小型無人機は近年発達が進んでおり、市販化もされている。しかしその反面、テロ活動などにも使われる危険性があり、同紙では「都市部で大きなイベントが開催される際に、安全確保などにおいて重要な役割を果たすだろう」としている。

すでに試験では、30 機を超える無人機を、100 %の成功率で迎撃できたという。
またさらに協力な出力と射程を持つシステムの開発も進んでいるとのこと。

News.China.com 2014/11/02
Photo: Chinese Internet
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop