NEWS

「ビン・ラーディンを殺害した」というSEALs隊員はホンモノなのか

海外軍事 Comments(0)
2011年5月2日、パキスタンに潜伏中のウサーマ・ビン・ラーディンの隠れ家を急襲した「ネプチューン・スピア作戦」で、ウサーマに弾丸を撃ちこみ殺害したSEALsの「チーム6」ことDEVGRUの元隊員その人が身分を明らかにした。
Osama bin Laden 容疑者殺害、DevGru 隊員への初独占インタビューを含む特集番組が公開予定
ロバート・オニールは400回以上作戦に参加し、銀星章2回、Vデバイス付銅星章4回を含む52回の叙勲を受け、そして「チーム6」のチームリーダーを務めたという人物。

その活躍は多くのハリウッド映画をインスパイアした。ソマリアの海賊にシージャックされた貨物船の救出のためリードジャンパーとして参加した作戦は「キャプテン・フィリップス」に、アフガニスタンからただ一人脱出したSEALs隊員を救出する作戦は「ローン・サバイバー」に、そしてビン・ラーディン殺害作戦は「ダーク・ゼロ・サーティ」「ネイビーシールズ:チーム6」としてそれぞれ映画化されている。

同作戦の参加者が名乗り出るのはマシュー・ビソネットに次いで2人目。ビソネットはマーク・オーウェンという筆名でネプチューン・スピア作戦を記述した「No Easy Day」を執筆・出版している。

こうして元特殊部隊員が名乗り出る背景には、除隊後の生活の不安定さがある。若くして入隊する者は学歴が低く、また軍人としてのスキルは一般的な仕事では必要とされない。オニールも除隊後の職としてビールの配達人や元マフィアの保護観察人などを提示された。そこでこうした現状を広く周知するために身分を明かすことにしたという。

また現在オニールは自己啓発セミナーの講師としても登録しており、仕事の宣伝という目的もありそうだ。

アメリカ海軍特殊作戦司令部は2014年10月30日、特殊部隊員達に対して露出を避け、沈黙を守るよう通達を出した。秘密保持違反による法的な処分が行われるかどうかは不明である。

Source: Robert O'Neill Speaker - Team Leader, Naval Special Warfare Development Group - Keynote Fee & Cost Info - Book Today!
Photo: Robert O'Neill(@mchooyah) | Twitter
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201411
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop