NEWS

米海軍、敵レーダーで駆逐艦を漁船ほどの大きさに見せる技術を研究

海外軍事
Defense Tech は 11 月 17 日、米海軍がアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のウェイン・E・マイヤー (Wayne E. Meyer (DDG 108) ) を使い、敵のレーダーに映りにくくする技術を研究していると報じた。

ウェイン・E・マイヤーは今年 3 月から太平洋に配備され、10 月 20 日に帰港し、これから整備に入り、機器のメンテナンスに加えて、武器やレーダー・システムの改良も行われることになっている。

同紙によれば、この中で、レーダーに映りにくくするための実験的な改良も施されるという。具体的には、レーダーを吸収する材料を使用したり、船に使われている柱の角度を調節したりといった改良を加えることで、従来より小さく、まるで漁船程度の大きさにしか映らないようになることが期待されているとのことだ。

Defense Tech 2014/11/17
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Christopher Farrington/Released
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201411

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop