NEWS

8 名解放 イエメンの人質救出作戦に米海軍特殊部隊 SEALs Team 6 メンバー参加と報道

海外軍事
ニューヨークタイムズ紙などによると、米国が支援する急襲作戦の下、イエメンの特殊部隊が、アルカイダ (Al Qaeda) 系列の武装組織によって囚われの身となっていた 8 名の人質を救出した。救出された 8 名の内の 6 名がイエメン人で、残りはサウジアラビア人とエチオピア人であったとしている。

なお、イエメン最高安全保障委員会の発表には、米軍の地上部隊の関与について言及されていなかったが、ニューヨークタイムズ紙によれば、2 ダースほどの米軍部隊が急襲作戦を導いたと報じている。

ニューヨークタイムズが報じた「2 ダースほどのメンバー」については、海軍特殊部隊 SEALs の Team 6 と記されている。

人質救出のための襲撃作戦がおこなわれたのは、11 月 25 日 (火) の夜明け前。秘密裏にサウジ国境近くのハドラマウト (Hadhramaut) にヘリコプターを使って移動し、その後闇夜の中を数マイルに渡って徒歩で移動、山岳地帯の洞窟に潜む武装グループを追っていたとのこと。

なお、匿名の情報筋によれば、この急襲作戦により犯行グループ 7 名が殺害されたと報じられている。

作戦の実行は、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー (Abdu Rabbu Mansour Hadi) 大統領の要請によりおこなわれたとのこと。

New York Tims 2014/11/27
USA Today 2014/11/26
ABC News 2014/11/27

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop