NEWS

8 名解放 イエメンの人質救出作戦に米海軍特殊部隊 SEALs Team 6 メンバー参加と報道

海外軍事
ニューヨークタイムズ紙などによると、米国が支援する急襲作戦の下、イエメンの特殊部隊が、アルカイダ (Al Qaeda) 系列の武装組織によって囚われの身となっていた 8 名の人質を救出した。救出された 8 名の内の 6 名がイエメン人で、残りはサウジアラビア人とエチオピア人であったとしている。

なお、イエメン最高安全保障委員会の発表には、米軍の地上部隊の関与について言及されていなかったが、ニューヨークタイムズ紙によれば、2 ダースほどの米軍部隊が急襲作戦を導いたと報じている。

ニューヨークタイムズが報じた「2 ダースほどのメンバー」については、海軍特殊部隊 SEALs の Team 6 と記されている。

人質救出のための襲撃作戦がおこなわれたのは、11 月 25 日 (火) の夜明け前。秘密裏にサウジ国境近くのハドラマウト (Hadhramaut) にヘリコプターを使って移動し、その後闇夜の中を数マイルに渡って徒歩で移動、山岳地帯の洞窟に潜む武装グループを追っていたとのこと。

なお、匿名の情報筋によれば、この急襲作戦により犯行グループ 7 名が殺害されたと報じられている。

作戦の実行は、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー (Abdu Rabbu Mansour Hadi) 大統領の要請によりおこなわれたとのこと。

New York Tims 2014/11/27
USA Today 2014/11/26
ABC News 2014/11/27

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop