NEWS

ハイテク「鳥型ドローン」か!? タリバン謹製、自爆ベスト着用した猛禽類が初めて確認される

海外軍事
昨今流行のハイテク「鳥型ドローン」ならぬ、「生きた鳥」そのものに様々なデバイスを装着させた、タリバン謹製と思しき仕掛けが確認された。

アフガニスタン北部、トルクメニスタンとの国境を臨むファーリヤーブ州で 11 月 29 日 (土)、不自然なものが取り付けられている猛禽類を警察官が発見。

警官は不審に思って鳥を射殺し確認したところ、自爆任務 (suicide mission) 用途なのか、鳥には爆弾付ベストの他、偵察用の小型カメラや、GPS トラッカーが装着されていた。

アフガニスタン最大のニュースソース Khaama Press によれば、同国内で野鳥を使ったこの手のケースは初めてとのこと。

アザラシやイルカなど、生きた動物を戦時利用するケースは知られており、今夏にはハマスの武装勢力がガザで、イスラエル兵に対して爆弾を取り付けたロバを差し向けたケースも確認されている。

Khaama Press 2014/11/29
NBC News 2014/11/30


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注
豪企業がトヨタ製ランドクルーザーをベースにした軍用長距離偵察車輌「6x6 サザーン・スコーピオン」を展示
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注 (2017-02-28 14:13)
 豪企業がトヨタ製ランドクルーザーをベースにした軍用長距離偵察車輌「6x6 サザーン・スコーピオン」を展示 (2017-02-27 14:26)
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop