NEWS

ハイテク「鳥型ドローン」か!? タリバン謹製、自爆ベスト着用した猛禽類が初めて確認される

海外軍事
昨今流行のハイテク「鳥型ドローン」ならぬ、「生きた鳥」そのものに様々なデバイスを装着させた、タリバン謹製と思しき仕掛けが確認された。

アフガニスタン北部、トルクメニスタンとの国境を臨むファーリヤーブ州で 11 月 29 日 (土)、不自然なものが取り付けられている猛禽類を警察官が発見。

警官は不審に思って鳥を射殺し確認したところ、自爆任務 (suicide mission) 用途なのか、鳥には爆弾付ベストの他、偵察用の小型カメラや、GPS トラッカーが装着されていた。

アフガニスタン最大のニュースソース Khaama Press によれば、同国内で野鳥を使ったこの手のケースは初めてとのこと。

アザラシやイルカなど、生きた動物を戦時利用するケースは知られており、今夏にはハマスの武装勢力がガザで、イスラエル兵に対して爆弾を取り付けたロバを差し向けたケースも確認されている。

Khaama Press 2014/11/29
NBC News 2014/11/30

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop