NEWS

イタリア海軍、対テロ任務・襲撃作戦を担う特殊部隊「GOI」にスポットを当てた映像を公開

海外軍事
イタリア海軍は公式 YouTube チャンネルで、潜水奇襲部隊「COMSUBIN (Comando Subacquei ed Incursori) 」傘下で、対テロ任務を担う襲撃作戦グループ GOI (Gruppo Operativo Incursori) にスポットを当てた映像を公開した。

第二次大戦下の海軍第 10 MAS (デチマ・マス) 隊にルーツを持つ COMSUBIN は、1952 年に創設され、襲撃作戦グループ GOI、戦闘ダイバー部隊 GOS (Gruppo Operativo Subacquei)、特殊舟艇運用グループ GNS の主要グループ他、小規模な支援班から構成される。

なお、映像の冒頭シーンで紹介されている「Arditi Incursori」のインシグニアは、「勇敢なフロッグマン (Brave Frogman) 」を意味している。

映像では、隊員らが射撃錬度の向上に励む様子から始まり、洋上に浮かぶ資源採掘の重要施設を占拠するテロリストの排除を想定した訓練や、空からアプローチして敵アジトへ急襲する任務、険しい崖をロープを使って降りる訓練など、陸・海・空とシーンを選ばず幅広くカバーしていることが示されている。

なお、エアソフター的なマニア視点では、登場する各隊員が持つ銃火器や装備にも注目が集まる。その多くは、他国の軍特殊部隊員と変わらぬ装備となっており、フラッグパッチがなければ判別が付きにくいものとなっている。今回公開された映像データは、高画質で収録されているため、各シーンを一時停止すれば、使用している銃火器やギアの詳細を確認することが出来るので、チェックしておきたいところだ。

Marina Militare official FaceBook 2014/12/10
白石光 著、決定版 世界の特殊部隊 100 / 学研

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop