開けた空間でも大迫力の銃声、B.L.TECH エアソフト用ガンサウンド・シミュレーターを使ったプレイ映像を公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
世界中のエアソフターからの注目を集めた、エアソフト用ガンサウンド・シミュレーターを手掛けるニュージーランドの B.L.TECH が、サバイバルゲームでの最新プレイ映像を公開した。

これは、12 月 7 日 (日) におこなわれたサバイバルゲーム「W.A.R (Westcoast Airsoft Rangers) 」での様子をアクションカメラで撮影したもので、B.L.TECH の BOSS (Ballistic Ordnance Sound System) が搭載されている。

映像からも分かるように、非常に開けた土地でも十分な音量の銃声が響いており、時折移動してバリケードに囲まれた環境下では、耳に刺激を与える程となっている。安全基準のレギュレーション下で、迫力の戦闘ゲームを楽しむことができそうだ。

外観でのリアルさを追求することからはじまり、BB 弾を発射した際のリコイルや、専用カートリッジを用いた排莢ギミックなど、電動エアソフトを使った遊びへの飽くなき挑戦が続いている。

B.L.TECH 2014/12/11


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催
ガスが不要なスプリング式グレネード「NUKE」が間もなく登場
EMG ArmsよりSalient Armsのカスタムグロック「SAI BLU」のエアソフトガンが登場
ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017春」会場内配置図が公開
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)
 ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催 (2017-05-22 19:51)
 ガスが不要なスプリング式グレネード「NUKE」が間もなく登場 (2017-05-19 13:03)
 EMG ArmsよりSalient Armsのカスタムグロック「SAI BLU」のエアソフトガンが登場 (2017-05-19 12:50)
 ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017春」会場内配置図が公開 (2017-05-18 16:05)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop