NEWS

米陸軍、テキサス州に UAV 専用の空港を建設へ

海外軍事
ロシア・トゥデイ紙など海外各紙は、米国防総省が 12 月 5 日付で発表したプレスリリースをソースに、米陸軍がテキサス州に無人航空機 (UAV) 専用の空港を建設すると報じた。

運用される UAV はグレイ・イーグル (Gray Eagle) とシャドウ (Shadow) の 2 種類。グレイ・イーグルは米陸軍が保有する中でもっとも大きな UAV で、全長 8 m、翼長は 17 m。280 km/h で約 30 時間飛び続けることができ、情報収集や偵察、攻撃などに使用することができる。

一方シャドウは全長 3.4 m、翼長 4.3 mの小型 UAV で、最大速度 204 km/h で約 6 から 9 時間ほど飛び続けることができる。カタパルトから打ち出され、偵察や情報収集、目標指示などに使用することが可能。

同空港は 5,000 フィートと 1,000 フィートの滑走路を持つという。建設はオクラホマ州の SGS LLC が担当する。敷地面積は 150 エーカー (約 61 万平方m) で、建設費は 3,300 万ドル (約40億円) とのこと。

U.S. Department of Defense 2014/12/05
Russia Today 2014/12/11
Photo courtesy of U.S. Army
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201412

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop