NEWS

米陸軍、テキサス州に UAV 専用の空港を建設へ

海外軍事
ロシア・トゥデイ紙など海外各紙は、米国防総省が 12 月 5 日付で発表したプレスリリースをソースに、米陸軍がテキサス州に無人航空機 (UAV) 専用の空港を建設すると報じた。

運用される UAV はグレイ・イーグル (Gray Eagle) とシャドウ (Shadow) の 2 種類。グレイ・イーグルは米陸軍が保有する中でもっとも大きな UAV で、全長 8 m、翼長は 17 m。280 km/h で約 30 時間飛び続けることができ、情報収集や偵察、攻撃などに使用することができる。

一方シャドウは全長 3.4 m、翼長 4.3 mの小型 UAV で、最大速度 204 km/h で約 6 から 9 時間ほど飛び続けることができる。カタパルトから打ち出され、偵察や情報収集、目標指示などに使用することが可能。

同空港は 5,000 フィートと 1,000 フィートの滑走路を持つという。建設はオクラホマ州の SGS LLC が担当する。敷地面積は 150 エーカー (約 61 万平方m) で、建設費は 3,300 万ドル (約40億円) とのこと。

U.S. Department of Defense 2014/12/05
Russia Today 2014/12/11
Photo courtesy of U.S. Army
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201412


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop